アサオ歯科

Instagram

電話で問い合わせる

BLOG

HOME ― ブログ
2024.05.07

虫歯になりにく被せ物とは?

おはようございます!GWも終わり今日から日常が始まりますね~
ゆっくりスタートしていきましょう

さて、今日は虫歯になりにくい被せ物についてというテーマのコラムです。

虫歯になりにくいはなんでしょうか?

少し考えてみてください。


そんな被せ物あったらいいですよね~

結論からいうとそれは

セラミックです。

では一番虫歯になりやすい被せ物はなんでしょうか?

 

それは

保険の銀歯です。

 

セラミックと銀歯について


残念ながら保険の銀歯はセラミックにくらべるととても虫歯になりやすいです。虫歯になってきた患者さんの被せ物をみるとほぼすべて銀歯です。

もちろんすべての銀歯が虫歯になるわけではありません。よく磨いてしっかりケアしていれば数十年もっているケースもあります。ただし、磨きにくい箇所などから虫歯になっているケースもあることは事実です。

一方セラミックの中が虫歯になってとれてくることはとても少ないです。私は歯科医になってから一度も見たことがありません。

ある統計ではセラミックは30年間で8割以上が虫歯にならずに健康に残っていたというデータがあります。

 

 

セラミックが虫歯になりにくいメカニズム


1 プラークが付きにくい
セラミックは陶器と同じようにつるっとした表面性状のため、プラーク(歯垢)が付きにくいです。一方銀歯はべとっとついている印象です。

2 熱膨張
歯と被せ物は熱いものや冷たいものを飲んだ時に、温度変化で熱膨張といって、ほんのわずかに膨張します。

その際に熱膨張係数といって歯と被せ物は膨らみやすさが異なります。

金属と歯はかなり熱膨張係数が異なるので、長年熱膨張を繰り返す中で、わずかに隙間が生じます。その結果としてその隙間から虫歯になることがあります。

一方セラミックは熱膨張係数が歯とかなり近似しているため長年つかっていても隙間ができることがほとんどありません。

 

 

虫歯を繰り返すとどうなるか 負のデンタルサイクル


この表をご存じでしょうか?

クリックすると拡大します。

虫歯になってはつめて、また虫歯になる事を2次カリエスといいます。一回虫歯になると、実際は結構浸潤していて虫歯を取りきるとかなりの健康な歯を削ることになります。

2回くらい繰り返すと多くは神経まで達して中の神経を取らなくてはいけないこともあります。

神経はとると歯が割れやすくなります。神経のある歯だと強くかむと、中の感覚が反応して逃避するように一定以上の力では咬まないようにします。

一方神経をとった歯だとそのセンサーが働かずかなりの力でも咬めてしまうため割れることがあります。

また、虫歯でそもそもの健康な歯が少なくなっていることも割れる原因としてあります。

歯が割れると、多くは抜かなくてはいけない状態となります。

歯が抜けると、2度と生えてはこないので、入れ歯かブリッジ、インプラントなどの治療となります。奥歯がぬけると咬みにくくなりますし、全身への影響もでてきます。

そのようにならないためには

それは負のスパイラルの中でそれが続かないように食い止める必要があります。

銀歯をセラミックにするとその負のスパイラルから抜けることができます。


ただセラミックは高価なので毎回入れられないというかたもいるかと思います。その場合は今までのスパイラルと同じことをしていてはまた虫歯を繰り返してしまうので、そうならないように、磨き残しがないように磨き方を変える必要があります。

当院の歯科衛生士が磨き方の練習をその都度アドバイスしているので、来院時にぜひご活用ください。

 

 

セラミックの他に虫歯になりにくい素材は?


それは白金加金です。金は展延性といって打つと伸びる性質があります。そのため咬む度に歯にくっついき、隙間ができにくい性質があります。

一番奥歯などはセラミックだとかけやすい場合があるのでそのような場合は白金加金をおすすめすることがあります。

以下に当院であつかっているものをご紹介します。

 

 

セラミックインレー



特徴
インレーとは部分的な被せ物の事。歯の健康的な部分を残し虫歯の穴をインレーにて被せます。


メリット
・虫歯になりにくい
・歯と同じ色調で作れるため見た目が美しい
・舌触りがつるつるで滑らか


デメリット
金属に比べかなり少ないケースではあるが過度な力でかける場合がある。

デメリットにあるような割れるようなケースはごくまれなケースで通常は全く問題ありません。


おすすめ
虫歯を繰り返したくない方。金属色が苦手な方。一番おすすめの被せ物です。


費用
77,000円(税込み)


回数
1回。削ってスキャンしてその日に装着して完了するのがスタンダードな処置。(その際は2~3時間程かかります。)場合によって虫歯が大きい場合は数回に分かれる場合や根の治療が必要な場合もあります。

 

 

白金加金インレー・アンレー



特徴
白金加金によるインレー。アンレーとはインレーよりも範囲の大きく、咬頭(咬む面の盛り上がっている山の部分)を含むもの。


メリット
・虫歯になりにくい
・強度が高い


デメリット
・金属色が目立つ場合がある


おすすめ
噛みしめがあったり、咬む力の強い方はセラミックよりもおすすめする場合があります。


費用
インレー(小臼歯) 110,000円(税込み)

アンレー,インレー(大臼歯) 121,000円(税込み)

金価格により変動します。


回数
2回。削って型取りで1回、被せ物をつけるので1回がスタンダードな処置。場合によって虫歯が大きい場合は型取りまでに数回かかる場合や根の治療が必要な場合もあります。

その他全体的な被せ物は以下ページをご覧ください。

保険外の被せ物の種類について

 

いかがでしたでしょうか?保険外の被せ物は高いイメージかもしれませんが、歯の価値はもっと高いです。大事な歯を虫歯から守っていきましょう!詳しくはお問合せ下さい。

 

新潟市中央区上大川前通り6番町1195-1

アサオ歯科医院

痛みのない快適な治療とおもてなしの時間を目指しています。

虫歯や歯周病にならないような予防に力を入れています。また、お口の衰えから全身の不調につながらないように口腔機能の管理や訓練も日々行っております。

各種保険診療の他にもセレック、セラミック、インプラント、ホワイトニング、歯周組織再生療法等もおこなっております。

詳しくはお問合せページもしくは電話にてお問合せ下さい。

https://www.asaoshika.com/

一覧に戻る

最新の投稿

  • 新潟に住む喜び
  • 症例 左下6番セラミックインレー 即日修復
  • 歯髄は自ら虫歯から守っています。歯髄温存療法について
  • 症例 セラミックインレー2本同時 即日修復
  • 親知らずは抜いたほうがいい?

月別アーカイブ